離婚問題解決の3段階

離婚問題解決の3段階

 

離婚夫婦

 

日本には離婚解決システムがあります。

 

知っているのと知らないのでは大違い。
離婚問題解決・3段階システム。

 

 

日本では、離婚問題を解決するために三つの段階が用意されています。

 

スムーズに解決しない離婚は、「協議」⇒「調停」⇒「裁判」
(稀なケースとして、審判というものもあります)」の段階を経ることになります。

 

離婚という単語を含んだ言葉も、「協議離婚」、「調停離婚」、「裁判離婚」と3種類あります。

 

「協議」の段階でまとまらなかった離婚は、
「調停」、「裁判」という段階に移行するとお考えいただければ結構です。

 

【離婚までの3段階】

 

離婚までの3段階

 

「協議」

夫婦2人での、離婚に対する話し合いや折衝の段階を意味します。
この段階で、理性的な話し合いが行われれば言うことありませんが、
なかなかうまくいきません。弁護士が介在する場合もあります。
この段階でまとまった離婚を「協議離婚」といいます。

「調停」

日本では夫婦2人で離婚問題を解決できない場合でも、いきなり
裁判というわけにはいきません。家庭裁判所の調停というシステム
で、第3者(調停委員)を挟み、離婚に向けて相談します。
この段階でまとまった離婚を「調停離婚」といいます。

「裁判」

調停でもまとまらなかった案件は、裁判に持ち込まれます。一部
審判という制度もあります。裁判で決まっても判決には、異議申し
立てをすることができます。何年もかかる場合もあります。
この段階でまとまった離婚を「裁判離婚」といいます。
また、まれなケースですが、調停でまとまらなかった場合「審判」
という制度に持ち込まれることがあります。この段階でまとまった
離婚を「審判離婚」といいます。

 

極めて大雑把ですが、これが日本の法制度が用意している離婚解決
システムです。

 

離婚3段階には、それぞれポイントがあります。
手遅れということは、絶対にありません!

 

 

マニュアルの詳細はこちら⇒ 澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」